司法書士の仕事とは?!司法書士が行う仕事3選?!

書類作成や法律の手続きを代行?!

司法書士は、企業や個人から法律関係の書類の作成や手続きを代行した行います。士業の一つとされていて、司法書士の資格を持っている者しか作成できない書類や手続きなどもあります。また、司法書士の書士というの場合は書類作成の専門家ということを示しています。法律に基づいた複雑で、資格を持っていない人には難しい書類の作成は、司法書士の仕事の中でも、最も多く取り扱っているメインの仕事だと言っても過言ではありません。

最も重要な業務は?!

司法書士の最も重要な業務は登記業務です。土地や建物や不動産の登記、会社などの法人登記などを行います。不動産登記の場合は、土地と建物の所有者の権利を明確にする手続きや書類作成をします。商業登記というものもあり、会社を設立するための法的書類や手続きを代行して行います。登記をする際には、利害や権利といったものが関係してくるため、司法書士の資格をもっている者しか出来ません。企業からの委託業務が多ければ多いほど司法書士としての収入も多くなるでしょう。

簡易裁判所での仕事?!

簡易裁判所では弁護士と同様の業務を果たします。認定司法書士という資格を有するものは訴訟金が140万円以下の場合、弁護士と同じ活動ができると定められているのです。そのため消費者金融に対しての過払い金請求などに司法書士が参入しているのは、この制度を利用しているからです。このように訴訟金が低い簡易裁判所で取り扱われるような案件は、これからも増え続け、より司法書士の活躍する場が増えていくと考えられるでしょう。

司法書士の試験で確実に合格したいなら、効率的に学習することが大事です。通信講座による学習ならば、合理的なカリキュラムを設定していますから最適です。