ネットショップでの購入の多い方必見!クレジットカード以外の決済方法!

コンビニのレジ払いを利用した決済方法

ネットショップで購入する際に、クレジットカードの番号と個人情報を入力するのを不安に思う方もいますよね。クレジットカード決済は、その場で決済できるため、わざわざ出かける必要がありません。レジ払いはコンビニに出向く必要がありますが、払込票を提示するだけですし、24時間年中無休で多くの場所に店舗がありますので、好きな時に手続きができる利便性があります。払込票が予め発行されているものは、商品に同封されているか、商品到着後に決済代行会社から送付されるかのどちらかになり、そのまま持ち込みをするだけで支払えます。もう1つの方法はCVSネット決済と呼ばれ、コンビニ店舗内の端末を利用して、払込票を印字して支払う方法です。端末に入力するのは、ショップ側からメールで通知された受付番号と、発注した際に連絡先に指定した電話番号だけです。住所や名前などの入力は必要ないので、個人情報が漏れる心配はほぼありません。コンビニによっては、受付番号のみを提示すれば、レジで決済手続きをしてもらえる店舗もあります。印字しなくてもいいので手間がかかりませんし、高齢者や障害者で端末の操作が難しい方にも利用しやすいでしょう。

金融機関を使って決済する方法

ネットショップによっては、クレジットカード決済を導入していないところもあり、払込票での支払いを中心としているところもありますね。払込票が商品と同封された際に、ペイジー料金収納のマークが付けられていることがあります。最寄りにコンビニ等のレジ払いができる店舗がない場合に便利ですよ。ペイジーのマークがついた金融機関のATMに出向くか、インターネットバンキングができる銀行に口座を持っていれば、すぐに利用できます。画面からペイジーの項目を選び、用紙に記載された収納番号を入力するだけですぐに手続きができます。ATMの場合は現金決済かキャッシュカードで口座から決済するかどちらかが選べますし、インターネットバンキングでは口座からそのまま引き落とされますよ。レジで支払うのに行列ができたり、人から見られるのが嫌という方にも向いていますし、夜間にも受付可能ですので、自宅で落ち着いて支払いをしたいという方にも向いています。

カード決済のみでもクレジットカードがない場合

クレジットカードは審査を受けて発行されているため、信頼が置けると判断して、ネットショップでカード決済のみというところもあります。しかし、何らかの事情でクレジットカードを保有していない方も見られます。そのような方は、対応している銀行で口座を開設し、デビットカードを作成するのがおすすめです。デビットカードは、預金口座から即時決済機能がついたもので、キャッシュカードと一体型のものが多いです。立て替え払いなどの当座貸越機能がつけられているもの以外は、原則として審査不要となります。口座の残高が利用限度額となりますので、事前に充分なお金を用意する必要があります。カード決済をすると即時で口座から引き落としされ、クレジットカードの一括払いと同じ扱いになります。審査がなく信用度が低いため、分割払いやリボ払いはできませんので注意してください。券面に記載されている国際ブランドの決済システムを使って支払い手続きをするために、同じマークの加盟店でないと使えませんので、使えるカードを確認しておきましょう。預金残高の範囲内で支払いの管理ができるため、無駄遣いを防ぐ効果があり、好んで使っている方も多いですよ。

決済代行サービスとは手数料を払って代わりに決済してもらうことです。例えば中小の会社でも支払いにクレカや電子マネー等が取り扱う事が出来る等メリットがあります。