相続税はどこに相談すればいいのでしょうか?

財産が多い場合相続税を申告できるのは税理士です

相続税を払わなけらばならない、相続税を申告ししなけらばならないため税理士以外に申告はできません。しかし相続財産が3600万以下の場合は直接税務署に相談するのが一番費用も掛からずにまた親切に書き方なども教えてくれてます。不明確な非上場株式や複雑な不動産等がない場合、相続人が不明確とか、トラブルの可能性がありそうな場合以外は自分で相続税の申告も可能です。ただし確定申告に時期などは税務署が込み合い落ち着いて申告ができない場合があります。

法律問題で悩んでいるならやはり弁護士に相談!!

相続問題で相続人同士が争っているケースで調停や審判で裁判所での手続きになった際は、弁護士以外は正式な弁護人になれません。しかし一般的にはこのようなトラブルを抱えている相続は非常に少ない状況です。相続で相続人同士がもめていて裁判を行っている以外は弁護士に相談してもあまり意味がありませんが、例えば遺言書作成など法律関係の知識は弁護士が一番で何か問題が起こりそうな時は弁護士に相談すれば安心できます。それに一般的に弁護士は費用が高いと言われていますが。すべてを依頼するのでなく例えば遺言書作成だけを依頼するのであれば他の専門家と費用の面でもあまりかわりません。

不動産の名義変更は司法書士に依頼するしかありません

土地を相続が発生した場合不動産の名義変更が必要になります。司法書士以外は相続登記はできません。相続財産で不動産がある場合はいずれは司法書士に依頼することになります。そこであらかじめ、相続税の申告は税理士、相続人同士のトラブルや法律知識は弁護士、土地の登記に関することは司法書士と決めておけば問題が発生した時はスムーズに相談ができます。それ以外は自分で確定申告の時期以外に税務署に行って相談しながら申告するのが費用面や、色々な知識も身に付き自分で行うのことができれば最も理想的です。

相続税相談の方法を理解するために、早い時期に複数の税理士事務所の対応をチェックすることがとても効果的です。