学ぶ意欲さえあれば、自由に容易に転校できる

もう義務教育ではない

義務教育であっても、学区に疑問が呈され、保護者がある程度通う学校を選べる地域も出てきて、少しづつ流れは変わってきてますが、引っ越し以外での転校は相変わらず難しいようです。高校は学区内であれば自由に選べるものの、転校は義務教育と同じようなものです。でも、入学先を選ばせているわけですから、引っ越し以外での転校ももう少し自由にできるようになってもよさそうですが。結局学年制があるから、定員もあって、転校も難しくなってる気がします。

単位制の高校なら違ってきそう

公立高校でも単位制のところはあります。でもごくわずかで、ほとんどすべてが学年制です。もう義務教育ではないし、そう小さな集団にまとめる意味もあんまりなさそうですけど。通信制高校には学年がありません。単位制になっていて、卒業に必要な単位をとれば、卒業となります。だから留年もありません。ある意味大学よりフレキシブルですね。通学制の高校間での転校ができなかった場合は、通信制の高校に転校すればいいんですよ。

通信制でも通学頻度はまちまち

通信制の高校の通学頻度はまちまちです。いろんな設定がありますので、よく調べて、自分に合ったところを選ぶことです。通信制高校は来るもの拒まずですから、自分が選んだらそれで決まりです。学区もない広域の通信制高校もあり、選択肢は多いです。週5日通学するコースのある通信制高校もあります。それなら通学制の高校に転校したのと同じようなものでしょう。合わないという理由での転校ができないって窮屈です。合わなければ他の道っていうのは社会人もやってることであり、通信制高校に移るのを躊躇することはないでしょう。

何らかの理由で高校を転校には欠員があること、高校二年生以上であることなどの条件、編入試験をパスすることなどけっこうハードルが高い。元の高校を辞めて転校先に入れないような最悪な状況は避けたいものです。